ベッドサイドランプ

先日ベッドサイドランプを購入しました。常夜灯ってやつです。枕元にほんのりライトがあるってとても快適です。それに夜中に目が覚めてちょっと手元の灯りが欲しいことって、結構あります。ナイトライトが無いとスマホの灯りを頼りにしていたわけですが、やっぱり本業さんがいらっしゃると断然快適です。

母乳育児をしていた方ならきっとこのような常夜灯は既にお持ちの方は多いと思いますが、私は3人も完母(完全母乳育児)をしておきながら、これをを今更購入しました。当時の私にとってこのようなライトは不要だったのかというと、そうではなく、機会が会ったら買おうと先延ばしし、いつの間にか不便さに慣れてしまっていたのだと思われますね。あの時買っておけば余計な小さなストレスが減っていたかもしれないと後悔しています。新米母は何もかもが初めてなことばかりで、小さなストレスが山積します、いつしか精神的に大きな負担になりますからねぇ。

さて、今回私が購入したナイトライトはこちら。

シンプルなデザインと優しい光

デザインがとてもシンプルなのでどんなインテリアの部屋にも馴染みます。暖色のLEDで優しい灯りです。

タッチセンサー式

スイッチはタッチセンサー式です。手でポンと触れると灯ってくれます。暗闇でスイッチを探さなくて良いというのは、とても快適です。

光量調節ができる

夜中にちょっと目が覚めた時はデフォルトはちょっと弱めの設定ですが、強めにすれば、部屋の灯りを消してもこのライトだけでも本が読めます。唯一の不満といえば、強弱ボタンにはわかりやすい突起等はありボタンを目視しなくても調節ができる仕組みだったら良かったなと。

強弱調整ボタンは目視してタッチしないといけないのです

おまけ:ムードランプになる

このランプは、ロマンチック?なRGBグラデーションカラーモードがあり、(スイッチを長押しするとモードが切り替わります)気持ちによって色を選択できます。もちろん色の強弱も調節できます。面白い機能ではありますが、私は通常の暖色モードしか使っていないです。たまーに子供達がふざけてカラフルモードにして部屋がすごいとになったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

温泉卵