バスクチーズケーキ

昨今ブームのバスクチーズケーキはスペインのバスク地方にある料理店、ラ・ビーニャ(La Viña)で出されているチーズケーキを模倣して作ったチーズケーキ。日本では2018年、「GAZTA(ガスタ)」というバスクチーズケーキ専門店のオープン以来大ブームに。今やコンビニスイーツでもおなじみになっています。

ベイクドでもレアでもないレア食感!

一般的なベイクドチーズケーキは、だいたい170〜180℃くらいで約40分焼き上げるレシピが多いですが、バスクチーズケーキは230℃を超える高温で約30分焼きます。高温短時間で焼くので、外側が黒く焦げているので、表面はカラメルの風味がして香ばしく、内部はしっとりレアな食感で、とろける口当たりです

とっても濃厚!

バスクチーズケーキは一般的なベイクドチーズケーキのおよそ倍量のクリームチーズと卵を使います。もちろん生クリームもたっぷり使用しますから、味わいはとっても濃厚です。

簡単!

一般的なベイクドチーズケーキも作り方は、基本的に混ぜるだけ〜で簡単ですが、バスク風も混ぜるだけ〜で簡単です。オーブンシートを濡らしてクシュクシューっと敷くのですが、これも楽ちん。クシュクシュさせたオーブンシートが作り出す側面のランダムな焼き色がこれまた美味しそう。っていうか、そこがまた美味しいですよ。

バスクチーズケーキの作り方

材料

直径18cmの丸型1台分

  • クリームチーズ 400g
  • 生クリーム(動物性純生クリーム) 200cc
  • 卵 3個
  • グラニュー糖 120g
  • 薄力粉 小さじ1

下準備

  • クリームチーズを常温にもどしてやわらかくします。耐熱容器に入れたクリームチーズを電子レンジに1分ほどかけても程よくやわらかくなります。
  • オーブンシートを水で濡らしてギュッと絞り、型に添わせるように敷き詰めます。
  • オーブンを250℃に余熱します。

作り方

  1. クリームチーズをホイッパーで滑らかにします。
  2. 卵を溶き、1のクリームチーズに4~5回に分けて加え、都度よく混ぜます。
  3. 2に、グラニュー糖、薄力粉、生クリームの順に滑らかになるまで混ぜます。※薄力粉は茶こしでふるい入れます。
  4. 3の生地をオーブンシートを敷いた型にゆっくり流し入れます。
  5. 250℃に予熱したオーブンで30分焼いて完成!

焼きあがったらすぐに取り出して常温になるまで休ませます。冷めたら冷蔵庫で保存します。翌日からが味がしっとり馴染んで食べ頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です